山形へのアクセス

【保存版】大阪⇔山形を一番安く移動する方法・交通手段 まとめ

スポンサーリンク

みなさんは交通手段を選択する時、何を優先しますか?
長距離の移動になると交通費も高くなるので、なるべく交通費は抑えたいところ。

最近では交通手段の選択肢が増えた事で、山形と大阪間の交通手段が格段にアップして、より行きやすくなりました!今回は大阪⇔山形間を一番安く移動出来る交通機手段をご紹介していきます!

大阪⇔山形間を安く移動する方法

大阪⇔山形間を移動するにはどういった移動手段が思い浮かびますか?

新幹線や飛行機、バスや自家用車など。長距離だからこそ選ぶ移動手段によって交通費を大きく抑えることができます。以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

【高速バス】一番安く大阪⇔山形間を移動できる!

なんと言っても一番安く済ませるのであれば「高速バス」です。

途中パーキングエリアやサービスエリアでの休憩や新宿駅での乗り換えを含め、所要時間約18時間。出発日やバスの設備によって料金は前後しますが、安い物ですと約6,000円から利用できます。

土日祝日、年末年始や大型連休などは料金が倍以上かかってしまうので、狙い目は平日。交通費を安く抑えられる代わりに、どうしても移動時間が掛かってしまいますが、ほとんどのバスにフリーWi-Fiやコンセントが標準設備としてあるので、長旅でも電池やパケットを気にせずに利用できます。

また、女性専用席のプランなどもあるので、女性一人でも安心して利用できるのもポイントです!

❍ 移動時間:約18時間
❍ 料金相場:片道6,000円〜

【新幹線】早い・ラク・お酒も飲める!

やっぱり移動手段と言えば新幹線は外せません。

東京駅での乗り換えを入れても所要時間は約6時間!朝一番に出発すればお昼過ぎには到着してしまうので、まとまったお休みが取れない方や、移動に時間をかけたくない!という方は新幹線がおすすめです。

料金は大阪駅から山形駅まで自由席であれば、約21,430円~で利用する事ができます。高速バスに比べると料金は高めに感じてしまいますが、美味しい駅弁を食べながら、お酒とおつまみをいただきながら…なんて時間も楽しいですよね!

❍ 移動時間:約6時間
❍ 料金相場:約21,430円(自由席)~

JRのトクだ値きっぷならオトクに予約できるぞ!

できるるだけ時間をかけずに移動したいけど、料金も抑えたい!という方にはJRから発売されている「トクだ値きっぷ」がおすすめです。

「えきねっと」というJRのウェブサイトの会員登録をすると、予約会員限定の料金で利用できます。列車・席数・区間限定にはなりますが、年末年始、お盆、大型連休にも使えますので、早めに予定がわかるのであれば「お先にトクだ値」をぜひ活用してみてください。

13日前までの申し込みで、トクだ値きっぷより更に割引率が高くなります※一部設定除外日あり

通常の切符に比べると制限はありますが、少しでも安く利用したい方にはかなりおすすめです!ネットから予約できるので便利です!

【自家用車】人数が多いならコスパ最強

人数や荷物が多い時におすすめなのは自家用車!長距離ともなると大荷物を持っての移動や、大人数の移動はとにかく大変ですよね。自家用車であれば移動にかかる料金もグッと抑えられます。

おすすめルートは、大阪市内を出発~中之島ICから高速に乗り、北陸道で北上して行きます。新潟中央JCTから福島県の郡山JCTに向けて東へ。米沢北を通り~山形北ICまでのルート。

スポンサーリンク

ETCを利用すれば、ここから更に割引が適用され、12,910円と5,700円も料金を抑える事ができます。また、北陸道のルートであれば日本海側を通るので長距離運転で退屈になりがちな景色も楽しめますよ。

❍ 通常料金:18,610円(普通車)
❍ 総距離:876.2km
❍ 所要時間:約10時間20分

【レンタカー】人数が多いなら安い

人数が多い場合はレンタカーを上手く使うと1人辺りの料金が安くできます。こちらも自家用車の場合と同じルートで計算してみましょう。

同じく移動にかかる高速道路の料金が18,610円(通常価格/普通車)、レンタカー代7,150円(24時間まで)となっています。とりあえずこの金額を大人4人で割った場合、1人あたり約6,444円!!

スポンサーリンク

厳密には、ガソリン代や泊数分の追加料金が掛かることにはなりますが、全員が免許を持っていれば交代で運転することができますし、人数が多くなればなるほど交通費を節約できる計算になります!

また、レンタカー会社によっては行き先で返却できるワンウェイ(乗り捨て)システムもあるので、こちらもぜひチェックしてみてください。

❍ 通常料金:18,610円(普通車)
❍ 総距離:876.2km
❍ 所要時間:約10時間20分
❍ レンタカー代:7,150円(24時間まで)
※レンタカー会社によって料金が異なります。

【タイムズレンタカー】期間限定キャンペーンがオトク!

鉄道好きなら在来線の旅もアリ!

電車が好きなら在来線で乗り換えて山形まで行く方法もあります!
所要時間は約18時間~、運賃は11,880円~(ルートによって異なる)になります。

朝一の電車で出発すれば、当日中に到着することも可能です。乗換は12回~とちょっと大変ですが、新幹線の半額で移動できる・車酔いが嫌という方にはおすすめです!

一番安く移動できるおすすめルートは…新大阪~京都・米原で乗り換えをし、豊橋から熱海方面へ。小田原~宇都宮間は東京直通の電車であれば、乗り換えが減って楽です。その後黒磯から福島方面へ、米沢を通って山形へのルート。

さらに、途中で数泊しながら鉄道旅もおすすめ。マイペースな移動が好きな方はぜひ!区間や電車によってグリーン車を利用して一眠りしながら…など、行き方が選べるのもおすすめです。

❍ 移動時間:約18時間
❍ 料金:11,880円〜

スポンサーリンク

青春18きっぷを使うともっとオトク!

「青春18きっぷ」って聞いた事ありますか?5日間全国のJR線の普通列車・快速列車に乗り放題のフリーパスで、価格は12,050円!使い方によっては、とってもお得な切符です!

「青春18」と聞くと若い人しか使えないんじゃないの?なんて声が聞こえそうですが、子供から大人まで一律同額で使えるんですよ!

毎年学生の長期休暇のシーズンに合わせて発売されます。参考までに、下記は2020年の販売期間になります↓

春季販売期間:2020年2月20日~2020年3月31日
利用期間:2020年3月1日~2020年4月10日
夏季販売期間:2020年7月1日~2020年8月31日
利用期間:2020年7月20日~2020年9月10日
冬季販売期間:2020年12月1日~2020年12月31日
利用期間:2020年12月10日~2021年1月10日

大阪⇔山形間だと普通に移動しても乗車時間約15~16時間、所要時間は22~25時間程掛かります。当日中の乗り降りは自由なので、途中下車をしながら電車に乗れば、長旅も楽しくなりますよ。

❍ 移動時間:約22〜25時間
❍ 料金:12,050円

【飛行機】空港に近いなら最短で移動できる!

まとまったお休みが取れない!とにかく移動に時間をかけたくない!と言う方には、飛行機がおすすめです。

大阪(伊丹) → 山形の移動でJAL利用した場合、7日前までの予約で14,600円~、75日前までの予約ならウルトラ先割で9,100円~利用する事ができます。またLCCなどの格安航空券を利用すれば、往復19,879円~利用できます!※時期によって値段が変動します。

平均飛行時間も1時間15分~程なので、安く!早く!移動したい方はこちらもおすすめ。目的地から空港までが近いのであれば、最短で移動する事ができます。

❍ 移動時間:1時間15分〜
❍ 料金:9,100円

【ホテル予約なら】じゃらんで空室状況をチェック

【自転車】体力に自信のある方はぜひ

1番交通費が抑えられるのは「自力」の他ありません!(笑)

しかし車でもおおよそ10時間以上掛かりますので、自転車で移動する場合は途中で何日か宿泊が必要になります。距離にして約720km。所要時間約50時間。休憩や宿泊などを考えるとおおよそ4日間~はみておきましょう。

スポンサーリンク

時間はかかってしまいますが通りがかりに「ここに寄りたい!」という時も、自転車であれば自由が効きやすいので色々な場所に立ち寄っても楽しそうですね。

普段から自転車を長距離走るなど、体力に自信がある方は自転車で移動してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

大阪⇔山形間の交通手段についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

こうして色々選べているだけで、旅行に行った気分になりました!旅行はワクワクしながら計画している時が一番楽しいですよね(笑)

今回ご紹介してきたもののほとんどがウェブ予約出来ますので、予定がわかったら早めに予約するのがおすすめです!

是非次のお休みの参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
cotton_c
cotton_c
埼玉県出身。2匹の猫と旦那さんの4人(?)暮らし。趣味はゲームと動画編集。旅行をきっかけに、山形県の魅力にハマってしまいました。女性目線から見た山形の魅力をお伝えしていきます。